くさむしり日記

仙台出身ではないが、仙台人ぶってる普通の男です。

宮城のレベルが上がったような気がする

 結構前の話になるが、笑顔の素敵な美人妻によく似た息子と娘が某有名な全国模試を受けた結果が出た。

 息子は過去最高の偏差値と全国順位(二桁)を達成し、親馬鹿な僕はとても嬉しく感じたのだが、息子は県順位が落ちて3位だったことがちょっと引っかかっている様子。

 宮城のレベルが上がったのだろう。高いレベルで切磋琢磨してほしい。

 驚きは、いつも公園で遊んでばかりの初めて受験する娘の方だった。

 学校では地味な存在だが天才肌の兄と比べていたので、娘は平均程度の出来だと感じていたのだが、偏差値62という結果をたたき出していた。

 パパあまり期待してなかったから、びっくりだったよ。

 

 僕には不釣り合いなほど出来の良い子供たちの将来を考えると、責任の大きさをとても感じている。

 今まで決断できなかったが、僕は息子を来年早々通塾させることを決意した。

 色々リサーチし、既にその塾も決めている。

 仕事ばかりせず、家族のために時間とお金を使っていこう。

 

 

教育には手間も時間もかかる

 先日、忙しい仕事の合間をぬうように、長男と長女に某有名な全国模試を受けさせてみた。

 3年生に進学した長男は慣れた感じで会場入り、入学したばかりの長女は少し緊張しているような雰囲気、終了後、2人に感想を聞いたところ、長男は「初めて最後まで到達できなかった。」と悔しがり、長女も「難しいよ。でも面白い。」と興味を示した様子。

 自己採点した感じだと、長男が上位層、長女は平均くらいかな。2人とも今のうちに一杯間違えて、沢山学んで欲しい。

 2人ともよく最後まで諦めずに頑張ったね。

 子供たちの帰りを待つ間、近場を散歩したところ、模試を受けてる子供たちの親が思い思いに過ごしていた。みんな僕と一緒で教育に手間を惜しまないタイプなんだろう。

 色々な塾から貰った資料を見ると、中学受験コースは小学生ながら夜遅くまで受講するみたいだ。

 小学生に受験勉強させることには賛否両論あると思うが、僕としては模試の成績が良好な長男には来年から通塾してもらい、高いレベルの同級生と切磋琢磨して欲しいと考えてる。

 将来を見据えれば、公園に集まっても、そこで体を動かさずにDSやエアガンで遊ぶのであれば、通塾して頭脳を鍛えた方が絶対良いと思う。

 

新1年生の負けん気

 最近、娘(6歳)が卒園を前に小学校入学準備をするかのように家庭学習にやる気を出している。

 笑顔が素敵な美人妻がうまく娘のやる気スイッチを押したようだ。

 センス面ではおっとりタイプの兄(8歳)に負けるが、集中力は兄に負けず凄いものがある。

 兄の能力を認めつつも食らいつこうとしている感じが微笑ましい。

 妻と協力してこの兄妹をうまく導いていきたい。

 とりあえず、春から試しに兄妹共にZ会を始めることにしました。

注文住宅って良いな

 最近、寒い日が続く。

 たまたま同僚の自宅訪問をしたとき、床暖房の暖かさを知った。

 僕が悩みに悩んで購入した建売住宅には無い設備だ。

 念願のマイホームを購入したにも関わらず、僕は注文住宅に憧れを抱き、時々、ザ・モール長町近くの住宅展示場に行くことがある。

 そこの住宅展示場の中で僕が好きなのは「北洲ハウジング」。

 土地の価格が高い長町であの規模の注文住宅を建てることは不可能だが、あの間取りと北洲の雰囲気が大好きだ。

 コストパフォーマンスが高いと思うのは「スモリ」。

 あの仕様であの坪単価は凄いお得感があると思う。

 他県のことは知らないが、宮城県は北洲やスモリをはじめ、地元住宅メーカーのレベルが高いと感じる。

 

中学受験は必要か

 僕は、子供に中学受験を受けさせたいという気持ちを会社では大っぴらに話している。
 恥ずかしい話ではないし、失敗したとしても、目標に向けた経験は子供たちを大きく成長させてくれるという確信めいたものがあるからだ。
 後輩からは「何で中学受験なんですか?高校受験では駄目なんですか?」と質問されたことがある。
 それは、僕の母も話していた。
 僕の中で、中学受験の方が自分の子供たちにとって良いだろうと結論づけているのは、中学時代、田舎の神童だった僕自身が中学校の授業を「つまらない」と感じていたからだ。
 教員をしていた父は「義務教育は下のレベルに合わせた授業をする」と話しており、その話が現在も続いているのであれば、「中学は学力レベルの高い学校に入れた方が良い」という結論になると思う。
 当然、宮城県と僕が生まれ育った東北某県では考え方、学校での指導方法が異なるだろうから僕の結論は絶対的なものではない。
 教師の力量もあるだろう。
 ただ僕は、子供たちが学校の授業をつまらないと感じることは避けたいと考えている。
 そのためには現段階では、中学受験は最適だと思っている。
 「下剋上受験」面白かった。自分自身に投影して見てました。
  

予習シリーズ

 最近、僕の影響で子供たちの中学受験を意識するようになってきた笑顔が素敵な美人妻は、ネットで自分なりに調べ、四谷大塚の「予習シリーズ」を息子にやらせたいと話すようになった。

 我ながらうまく洗脳したと思う。

 僕も予習シリーズの問題を見たが、とてもよくできていると感じていたところだったので、妻と気持ちが通い合ったような嬉しい気持ちになった。

 洗脳のたまものです。

 妻の話では、予習シリーズはネットで購入できるという話だったが、僕は、進学プラザの「俊英四谷大塚」に予定よりも1年前倒しで入塾させたいという気持ちが大きくなってきている。

 そこは我を通したい。

 当初、僕の中だけのプランでは、息子が3年生になって冬休み頃が入塾のタイミングとしては良いんじゃないかと漠然と考えていたが、予習シリーズの内容が良かったので、早めの入塾をすることで学友たちと切磋琢磨する環境に息子をおいても良いんじゃないかと思うようになってきた。

 先日、二華中などの公立中高一貫校の入学試験のニュースを見た。

 確か、倍率が4倍ちょっとだったと思う。

 息子が4年後受験するのかまだ未定だが、目標に向かって努力することは大切だと思うので、うまく息子の勉学に対するやる気を引き出して、実力を伸ばしてあげたい。

 普段、テレビをあまり見ない僕だが、新ドラマの「下剋上受験」は楽しみにしている。

 原作を読んでないので、このドラマを見て子供のやる気を引き出す手法を学ぼう。

 

 

仙台の人気学区

 会社の後輩からマイホーム購入の相談をされた。
 僕は、独り暮らしをしていた時代にザ・モール長町の便利さに魅了され、長町地域の建売を選んだ。
 会社の同僚たちは郊外で注文住宅を建てるか、地下鉄南北線沿い、本線沿い、仙石線沿いのマンション購入をする人が多いように感じる。
 当初、子供たちの教育環境を考え、先輩から学力が高い地域と聞いていた、附属中、上杉山中、五橋中、一中、二中学区の新築中古マンションを探したのだが、片田舎出身の僕は仙台の住宅事情に疎く、その地域のマンション価格にびびった。
 僕の実家では家が二棟以上建つ。
 ローン審査は通ると言われたが、この価格では駐車場代、管理費、修繕積立金を含めると、子供たちの教育費が減ると感じた。
 恐るべし、政令指定都市
 不思議と学力が高いと言われる学区が青葉区に偏っている気がしたのだが、僕は当初の予定を諦め、大好きなザ・モール長町にアクセスの良い場所で建売を探した。
 生粋の田舎者の僕は、マンションより土地の取得を選んだ。
 泉区郊外で注文住宅を建てるという道も考えたが、僕の中でザ・モール長町の存在は大きかった。
 また、誰かのブログを読んだとき、長町が塾の激戦区と書いてあったことも僕の決断を後押しした。
 車を運転できない美人妻は、自転車で生活できる長町の暮らしやすさに満足している様子。
 最初、長町駅東側の建売が西側と比べると安く、あすと長町へのアクセスも良かったのだが、会社の郡山中出身の先輩から、あの地域は昔すごい荒れていたと教えられ、色々悩んだ末、駅西で購入することにした。
 僕の実家付近には人気のある地域というのは無かったと思うのだが、仙台くらいの大都市になると人気のエリアというのがあるんだなと住宅購入を機に知った。
 僕に相談してきた後輩は、注文住宅建築を考えていたらしい。
 僕は、自分がもし建てるならという前提で「スモリがコストパフォーマンス的に良いと思う」と答えたところ、後輩は「一条にしました」と返答。
 既に結論出てたのね。