くさむしり日記

仙台出身ではないが、仙台人ぶってる普通の男です。

馬渕教室ってどんな授業をしてるんだろう

 最近、関西方面への出張が多く、京都大阪の雰囲気を直に体験した結果、東北地方の将来のためには教育への投資が必要不可欠だと思いを新たにした。
 最強の観光都市京都の活気は仙台の比ではなかったし、巷のニュースでは不景気と言われている大阪も活気があるように見えた。
 しかも、それらの大都市が近接した地域に存在して交通の便も良い。
 京都大阪に本社を置く企業もたくさんある。
 生粋の東北人の僕から見れば、そこに生まれただけで将来の選択肢が増えるように思える。
 僕の田舎の同級生で大学進学した者のうち、地元に戻った者は一人もいない。
 かく言う僕も、故郷を離れて仙台で暮らしてる身だ。
 しかし、今の仕事、生活環境、子供の教育環境が整っていれば、特段故郷を離れる必要も無かったと思う。
 僕の故郷は年々人口が減っていて、限界集落と化している。
 先祖代々からの地元の名士と、その取り巻きだけが甘い蜜を吸い、例え高学歴でも地元に残っていては将来に展望が見えない、東北某県にある僕の地元はそんな地域だが、東北地方にはそんな地域がたくさんあると思う。
 社畜の僕が論ずることではないが、東北地方の将来は起業精神の醸成と、その精神を養う空気造り、教育にあると思う。
 賢く、知恵のある者の数が増えれば、その者が地元に残る確率、地元で起業して雇用を増やし、経済の牽引力になる確率も上がるだろう。
 最近の関西出張で利用した駅、その中には大きな駅もあれば小さな駅もあったが、全ての駅前に有名な「馬渕教室」をはじめとした進学塾があった。
 教育熱の差に地域の経済格差があるような気がしてならない。

時間管理

 来年1月からの長男の通塾が決まり、家族で僕が1番ドキドキしてる。
 長男は、予習シリーズの問題が相当面白いらしく、目を輝かせてる。
 計算問題よりも文章題が好きだなんて、我が子ながら末恐ろしい。
 美人妻から塾の日程を見せてもらった。
 かなり多い勉強時間だと思う。
 僕の小学生時代は、田舎で適当に近所の幼なじみと遊んで、いつの間にか時間が過ぎていた。
 首都圏を中心に、既に来年からの長男レベルの量をこなしている子供は沢山いるのだろう。
 僕は、その子供たちや、忙しいなか共に奮闘している保護者の皆さんのことを本当に尊敬する。
 これからの我が家は、子供たちの学校行事、塾、家庭学習、家族のイベント等、忙しくなっていくだろう。
 想像以上に大変な日常になることが予想される。
 光陰矢の如し。限りある時間を有効に使うため、美人妻と協力して無駄を出さず、窮屈さを感じない時間管理をしていきたい。
 

塾入る

 妻との度重なる会議の結果、俊英四谷大塚に決まった。
 来年から本格始動だ。

負けん気対センス

 先日、子供たちが某有名な全国模試を受験した結果、兄に対して並々ならぬライバル意識を持つ長女が、2教科とも得点を伸ばし、総合では天才肌の兄と遜色ない点数を取っていた。
 長女は、毎回県内上位の賞状をもらう兄が羨ましかった様子で、美人妻の話では、最近では知識欲の豊富な兄より勉強を教えて欲しいと妻にせがんでいたらしい。
 同じような総合点で兄は落胆し、妹は歓喜の表情を見せていることが興味深い。
 大学時代理系学部だった僕が二人の算数の解き方を見た感じだと、センスは完全に兄が上、しかし、センスの差を埋めがたい算数以外の教科では、負けん気根性とコツコツ積み上げた努力が最終的な優劣を決めることが分かった。

国語力はどう上げる?

 先日、子供たちの全国模試があった。
 自己採点の結果、天才肌の長男は得意の算数が普段どおりの高得点、しかし、国語が伸び悩み過去最低点だった。
 今回は県内上位者が貰う額付き賞状は無いかもしれない。
 自分のことではないのに何故か僕が悔しい。
 いつもは飄々とマイペースを崩さない長男が僕の気持ちを察してか否か、少しへこんでいるようにも見える。
 そんな姿を見て僕は、「悔しいという気持ちが出るようになったか」「大人になったなあ」と感慨深い気持ちになると共に、親の気持ちを悟られてはいけないと反省。
 さて、国語力ってどう上げたら良いんだろう。
 長男は読書好きだったので、特に何の対策も立てていなかったが、ここから先は問題も高度になっていくから対策が必要なのだろう。
 馬鹿親な僕の完全に主観的な見方では、長男の語彙力に問題は無い様子で、注意を要するのは物語文みたいだ。
 僕の少年時代を思い出すと、男子より女子の方が国語の成績は良かったような気がする。
 感受性の違いなのだろうか。
 結論は出ないがモールの本屋でヒントを探したいと思う。

富沢西の蔦屋書店が待ち遠しい

 仕事が忙しい毎日だが、美人妻が子供たちをよく見てくれ、美人妻の笑顔が遺伝した素敵な長男と長女は順調に学力が伸びている様子。

 長女は、いつの間にか兄に負けないくらい読書が好きになっていて、妻の話では長町駅近くの図書館から頻繁に本を借りているらしい。

 僕は、読書量が問題の理解力を高めると思っているので、娘の成長がとても嬉しい。

 お兄ちゃんに対抗しなくて良いから、自分のペースで着実に成長して欲しい。

 それにしても、多忙な仕事にかまけてしまい、娘の成長に気づくのが遅れてしまったことが悔やまれる。

 子育てを放棄しないようにしたい。子供の成長をそばで感じたい。

 僕も本はとても好きで仕事先の街々で色々な本屋に行く。

 色々な本屋の中でも蔦屋書店の店の雰囲気づくりがとても気に入ってる。そんな蔦屋書店だが、今度富沢西の新しい宅地造成地のあたりに新店ができるらしい。

 多賀城駅前の蔦屋書店に行き、そのお洒落な雰囲気が気に入った僕は、ちょっと遠いけれども富沢西の新しい蔦屋書店のオープンを楽しみにしている。

 

宮城のレベルが上がったような気がする

 結構前の話になるが、笑顔の素敵な美人妻によく似た息子と娘が某有名な全国模試を受けた結果が出た。

 息子は過去最高の偏差値と全国順位(二桁)を達成し、親馬鹿な僕はとても嬉しく感じたのだが、息子は県順位が落ちて3位だったことがちょっと引っかかっている様子。

 宮城のレベルが上がったのだろう。高いレベルで切磋琢磨してほしい。

 驚きは、いつも公園で遊んでばかりの初めて受験する娘の方だった。

 学校では地味な存在だが天才肌の兄と比べていたので、娘は平均程度の出来だと感じていたのだが、偏差値62という結果をたたき出していた。

 パパあまり期待してなかったから、びっくりだったよ。

 

 僕には不釣り合いなほど出来の良い子供たちの将来を考えると、責任の大きさをとても感じている。

 今まで決断できなかったが、僕は息子を来年早々通塾させることを決意した。

 色々リサーチし、既にその塾も決めている。

 仕事ばかりせず、家族のために時間とお金を使っていこう。