くさむしり日記

仙台出身ではないが、仙台人ぶってる普通の男です。

優等生とは

 傍目に見ても学力が伸びている息子に刺激を与えるため、何か良い参考書は無いかと考えいろいろと見た結果、職場の某先輩がすすめる「自由自在」が良いだろうと思い、あえて高学年のものを購入した。

 勝手に参考書を読み漁る息子ならば、このレベルでもいつの間にか理解しているはずという親馬鹿な読みが当たり、息子は今のところ興味を示して眺め読みをしている様子だ。

 僕の親馬鹿で偏った見方では、愛息子は物凄い優秀な小学生なのだが、笑顔が素敵な美人妻が参観日に見た息子は、早生まれのためか周囲よりも身体が小さく幼さが残っており、身体が大きくはきはきしたリーダー然とした同級生と比べると地味な雰囲気を漂わせていたらしい。

 「自由自在」を購入した際、立ち読みした中学受験本には小学校の先生からの評価というものも公立中学受験には大事な要素になってると書いてあったが、幼さが残る息子の能力に小学校の先生方は気づいてくれるだろうか。

 僕たち夫婦の宝物で無限の可能性を感じさせる息子は、分かりやすい優等生ではないと感じている。

 むしろ、知的好奇心が強すぎて考え事が多く、上の空になりがちだから、担任は息子のことを手のかかる生徒と思ってるかもしれない。

 知的好奇心の塊のような息子の可能性に先生方が気づいてくれますように。

 僕が息子のプレゼンをしたいぐらいです。

一見、優等生に見える娘のこと

 年長の娘(6才)は内向的な兄と異なり、社交的で友人も多く、常に兄にライバル意識をもっていたせいなのか運動能力が高い。
 後から始めたスイミングも兄を追い越す勢いで上達している。
 幼稚園でも「何でもできる子」との評判がある様子で、親バカと思われるかもしれないが、おそらく、来年小学校に入学した後は絵にかいたような優等生になるだろう。
 しかし、何でも兄にライバル意識を燃やす娘は、こと勉学に関しては対抗しようとしない。
 僕が客観的に見ると、兄ほどではないにしろ、普通の同い年の子よりも読み書き計算は達者だと思うのだが、娘は最初から知的好奇心の強い兄に勉学では負けると考えている様子で、負ける分野はやらないと決めているようにも思える。
 その結果、一見優等生の娘は、自ら勉強する習慣がついてないように思える。
 学校ではあまり目立たないのに、全国模試では素晴らしい結果を連発する兄とは対称的だ。
 笑顔が素敵な美人妻は、またしても「気が早すぎる」と言う。
 しかし、娘の性格を考えると、仮に兄が中高一貫校を受験して入学した場合、自分も兄のまねをしたいと言い出すのは目に見えている。
 だからこそ僕は、娘の自主学習を早期に習慣化させたいと考えている。
追伸 娘に一言 パパの足を臭いと言わないで。傷ついてます。

学力の二極化

 某地元進学塾で行われた、某有名全国模試の見直し授業という名の保護者説明会に参加してみた。

 進学に対する意識の高い家庭とのんびりしている家庭で学力の二極化が進んでいるという説明があった。

 人それぞれの考えがあると思うが、やはり塾は必要という僕の中の結論。

 しかし、いくつかの候補は絞ったものの、まだ息子をどこの塾に入れるのか決めていない。

 分かっていることは、塾は必要だが保護者の金銭負担はかなりなものになるだろうということだ。

 仕事が暇ならば、1日中子供たちのそばにいて、僕が勉強を教えてあげたいのに。

模試の結果

 先日、某有名な全国模試の結果が出た。

 美人妻によく似た笑顔の息子は...全国で約200位、県で2位、偏差値70越えという結果だった。

 凄い。予想以上の結果でした。

 力試しで受験した春は県で1位だった。連続の好成績...これはもう、まぐれや偶然ではない。

 僕も問題を見たが、よく小学校2年生の問題をこんなに難しくできるなと思えるほどのレベルで、量も多かった。

 息子は、その問題を少々ミスがあったとは言え、時間内に全て終わらせていた。

 本当に実力があるんだなと感じた。

 息子の実力を職場のみんなに自慢したい。しかし、自分自身の性格を考えると僕にはできないだろう。

 だからこの場でだけでも自慢させてください。今だけかもしれないから少しくらい自慢しても良いですよね。

 凄いよ〇〇〇、パパびっくりだよ。〇〇〇は凄い!おしっこ漏らしそうになるくらい嬉しいよ!やったね!

 ...ちょっとすっきりした。

 息子には、これからも変わることなく、飽くなき知識や思考の探究に努めてもらいたい。

 パパは勉強することが格好悪いという妙なプライドがあって、一生懸命に勉強することができなかった。だけど、お前にはできると思うよ。

 本当に頑張ったね。おめでとう。 

参考書選び

 散歩途中に大好きなザ・モール長町に寄り、子供たちのための良い参考書は無いか探してみた。

 現在、知的好奇心の高い息子は学研の参考書を勝手に読んでくれているので、父親としては手間いらずなのだが、職場の先輩が「参考書は『自由自在」』が良いよ。」と教えてくれたので、リサーチ好きな僕は内容が気になっていた。

 「自由自在」の内容を確認して、僕は「おっ、良いんじゃないか。」と感じたのだが僕は昔から「桃鉄」や「モノポリー」が好きなためか、衝動買いのような決意がいまいちわいてこない。そして30分程度悩んだ末、「後からでも良いんじゃないか。」というケチな自分の声に耳を傾け、結局何も購入せずに帰宅した。

 子供たちにはぜひ伝えたい。

 勉強だけが全てではないがお金は大事だよ。学業だけではなく資産運用の知識、知恵も身につけるんだよ。そのためには節約する心、意思の強さが必要だよと。

 きっとまだ理解できないだろうが、僕は中学生になる前の子供たちにはぜひ教えてあげたい。

子供の模試に参加する

 今月上旬、美人妻に顔も性格もよく似た息子が某有名全国模試とあまり有名ではないけれど、僕が少し気になっている塾の模試を連続で受けた。

 某有名全国模試は、今年春に力試しのつもりで受けさせた結果、好成績をおさめることができた。

 その後の僕の地道なリサーチの結果、近所にある某塾の先生から「二華中受験を考えるならば、この模試の偏差値が60以上ないときつい」とアドバイスを頂いた。

 まだ通塾は先だと考えているが、この有名全国模試が息子の立ち位置を客観的に見るためのちょうど良い機会だと考え、今回も息子に受験させてみた。

 模試の結果が出るのはまだまだ先だが、自己採点の結果、今回は前回ほどの好成績はないなという僕の結論。得意としている算数にケアレスミスが多く、頭脳明晰とは言え息子はまだ小学校2年生なんだなと再確認した模試だった。

 それでも、まあまあの結果は出るのかなとは思っている。

 息子の成長のためには結果に拘ってはいけないと分かっているのに、美人妻からは少しがっかりした顔が出てたと指摘され反省しきり。ごめんね。

 この模試の数日後、それほど有名ではないが、僕が気になっている塾が主催する模試があり、無料で参加できる某有名模試とは違い有料なのだが参加させてみた。

 この塾の模試には国語、算数以外に色々と想像力を働かせるテストがあり、息子は新鮮な感覚を覚えた様子だった。

 まだまだ中学受験は先の話だし、息子の成長が順調に続くか分からないが、準備は用意周到に行いたい。

 いずれの模試も子供たちと一緒に参加する熱心なパパママの姿を見ることができた。

 気は早いが、一緒に模試を受けた子供たちの中に将来息子の親友、交際相手がいるのかもと思うとニコニコしてしまう。美人妻は気が早すぎると言う。

 そう、僕は地味だがせっかちな男だ。

全国との勝負

 最近、出張で愛知や岐阜にしばらく滞在した。
 宿は岐阜駅近くのビジネスホテルだったため、飲酒習慣の無い僕は夕食後に岐阜駅近くを散歩する毎日だった。
 そこで気付いたことは、岐阜駅前で開業している進学塾の多さだった。
 政令指定都市の仙台に負けないくらい岐阜駅前には進学塾があったような気がする。
 岐阜と言えば、名古屋大を抱える愛知と比べると地味な印象があり、教育熱心な地域だとは考えてもいなかった。
 ひょっとしたならば、岐阜が教育熱心と言うよりも、東北地方が他の地域と比べ、教育意識に遅れがあるのかもしれない。
 笑顔が素敵な美人妻に容姿や性格がよく似た子供たちには、学校や県内の順位にとらわれず、日本全体、世界規模で物事を考えて欲しい……と親馬鹿な僕は出張先でふと考えた。
 
 ちなみに、食べ物は仙台の方が愛知や岐阜よりも美味しいと感じた。