くさむしり日記

仙台出身ではないが、仙台人ぶってる普通の男です。

仙台の進学塾

 息子が3年生になってから、将来を見据えて近所の進学塾にいれたいと思い立ち、職場の先輩たちに色々とリサーチを開始している。

 A先輩の2人の子供は宮教大付属中・小に通学しており、仙台二高を視野にいれて「河合塾」に通塾しているという話で、B先輩の子供は二華中、もしくは青陵中受験を考え、「あすなろ学院」に通塾しているらしい。

 そのほか、仙台には「進学プラザ」といった地元最大手の塾があると教えてもらった。

 幸い、どの塾も近所にあるが塾の特徴がホームページを閲覧しても分からない。

 しかも、どの塾も集団指導と個別指導で更に色分けされるらしい。

 息子の一生の問題に関わるから、塾選びは慎重に行いたいと思うし、実際にその塾で使われているテキストを見比べてみたい。

 僕も美人妻も他県出身でよく分からなかったが、宮城県は高校受験時の内申点の評定割合が高く、文武両道どころか完璧超人のような子供じゃないとナンバースクールと呼ばれる高校に進学できるチャンスが減るらしい。

 つまり、受験の点数が高くても、内申点の評定で簡単にひっくり返されるというのだ。

 C先輩の子供は、それで仙台三高の受験に失敗し、私立高校に入学したという話で、今から心の準備や金銭的な準備はしておいた方が良いというアドバイスを頂いた。

 何でもできて先生の評価が高い子供なんて、逆に無個性な気がするのだが、それが現在の宮城県の高校受験ルールだから仕方がない。

 僕が現在の宮城県で中学生をしていたら、確実に高校受験は失敗するだろう。

 そう考えると、学力を生かすには中学受験なのかなと思うが、先日、とある塾から手に入れたデータを見ると、二華中は綺麗に仙台市内や郡部の小学校から広く、少しずつ入学していた。

 学力の高い子供がそんなに綺麗に分布するものだろうか。

 合格者を選ぶ側に「偏りが無いように」といった何かしらの意図があるように感じるデータだった。

 どこの塾を選ぶのかもう少し検討することにして、子供たちには脳に刺激を与えるため、しばらくの間は「Z会」の通信教育が良いのかなと思ってる。